世界で活躍したいなら英会話スクールに通うべき

国際化に即した資格です

勉強道具

日本語教育能力検定という試験があります。これは、日本語教師になりたい人や既に日本語教師として従事している人が対象で教える水準に達しているかを検定するものです。働くための基礎的な資格として広く認知されている検定資格です。日本語教師を目指す場合、まずは基礎的なステップをクリアするための一つとして、この日本語教育能力検定を目指す方が多いです。受験資格がないというのも人気の理由の一つで、年齢制限もなく誰でも分け隔てなく検定を受けることが出来ます。国際化の中、日本語教師は人気になっています。外国人労働者が増えていっていますのでコミュニケーションである日本語をしっかり学ぼうという方が増えているのが原因で、当然ながらその流れで日本語教育能力検定が人気になっています。

日本語教育能力検定の特徴として、おおよそ5000人前後が、試験を受けています。その中で20〜25%程度が合格しており、年齢層は50歳以上の方が非常に多いのが特徴です。主婦の方や定年を迎えられた方など様々な方が受検されます。試験は年に1回ありまして各都市7都市程度で行われます。日本語教育能力検定は1日で終わりますが3部構成で行われます。この日本語教育能力検定は昔から行われていますので、既に30回を超えていますので、参考書や過去問題集などの本もありますので独学でも対策は十分可能です。過去問が非常に参考になるというのも特徴の一つですね。試験を受けて結果は2か月後位には結果が分かりますので、比較的早く分かるのも特徴の一つですね。